更新情報

2014/10/27
お肌が荒れている状態で刺激を与えてはいけません!を新規投稿しました。
2014/10/27
サイトマップを新規投稿しました。

お肌が荒れている状態で刺激を与えてはいけません!

お肌が荒れているという状態の時には、合成化学物が入っていない洗顔石鹸を使用した方が良いのです。

洗顔石鹸の中でも洗浄力が非常に強いタイプだと、お肌に強いダメージを与える事になりますから、お肌が荒れている時にはいつも使用している洗顔石鹸よりもっと刺激のない石鹸を使用してください。

お肌が荒れたままで中々完治してくれない…だから外出する気にもなれない。
そんな人も少なくないはずです。
ですが、そのまま放置していても解決出来ません。
お肌が荒れている時には刺激を与えてしまうと治るのも余計に時間がかかりますし、お肌ストレスも高くなり余計に酷くなるでしょう。
ですから、そんな時には敏感肌タイプの洗顔石鹸を使用すれば良いのです。

洗顔石鹸にも沢山の種類が出ていて、その中でも合成界面活性剤が入っているものは敏感肌には特に良くないので、使用は止めましょう。
合成界面活性剤が含まれていないタイプを探すのなら、固形の洗顔石鹸が良いと言えます。

固形洗顔石鹸なら、不必要な化合物が入っていない石鹸が多いですし、プラス無添加という事でお肌への刺激の心配もないですし、天然保湿成分も多く入っていますから、このタイプが適しているでしょう。

お肌タイプによって石鹸を合わせる事も必要ではありますが、洗顔石鹸って保存状態も重要なので、菌を増殖させない事を意識して湿気の多い場所には絶対に保管しないでください。

△PAGE TOP