過剰な洗いすぎや濯ぎ残しはNG!

h7pav65dtq46eg2今は洗顔石鹸にも沢山の種類が合って、色々使ってみたいなぁ~なんて思える商品も沢山あると思いますが、自分自身のお肌に適した石鹸を使用する事が理想であり、使いやすいと思える事も大事なのです。

泡を立てるにはそれなりの時間が必要となる事もありますが、洗顔する時には手の平・指の力で擦るのではなくて、泡の弾力でマッサージというのが正しい方法なので、美肌をゲットしたい人は今までよりももっと泡立を意識していきましょう。
「汚れをきちんと除去してくれる=洗浄力が強い」になりますが、お肌へ強すぎる刺激を与える石鹸の使用は止めて、洗顔後に潤いが感じられるものを選択するのです。
濯ぎ落とすのに時間がかかってしまうものもあるのですが、このタイプは皮脂を余分に除去したり、濯ぎ残しの原因になるので、濯ぎ落としやすいかどうかもポイントになります。

また、乾燥肌になってしまったり余計に皮脂分泌が酷くなってしまったり、悪循環を繰り返す事になる事もあります。
洗顔石鹸は保湿成分が強い商品が多く出回っていますが、濯ぎ自体に時間がかかると保湿力すら無くなる可能性もあるので、あまり時間をかけないでパパッと洗顔出来る石鹸を選択する事もポイントとなります。

△PAGE TOP